産後の正中線ケア

産後の正中線はメラニン色素の沈着

正中線を解説する医者

妊娠するとほとんどの人にあらわれる肌トラブルが正中線と妊娠線です。

 

この2つの肌トラブルは一見、同じ場所にできる為、原因が同じだと間違えてしまっている人も多いです。

 

正中線とはおへその上下に縦に茶色の線が入ることです。妊娠線や肉割れはお腹や太ももに短い線が沢山できることです。

 

このサイトでは主に妊娠後に起きる正中線を消す為のケアの方法を解説していきます。

 

縦に茶色い線がはいってします正中線はメラニンが分泌され、色素沈着している為、目に見えるようになっています。
そのため、肉割れのように皮膚が切れたりしている訳ではありません。

 

原因はメラニンの色素沈着となるのできちんとケアをすれば消すことができる肌トラブルとなります。

 

正中線と妊娠線と肉割れの違い!黒ずみと断裂で原因もケアも違う

正中線と妊娠線の違いについての解説
正中線と間違えやすいのが肉割れです。
肉割れは妊娠線や脂肪線などと様々な呼び方のある肌トラブルですが、皮膚が裂けてしまったことによって起きる妊娠中の肌トラブルです。

 

正中線の見た目がおへそから縦に1本入るのに比べ、肉割れはお腹の周辺に何本もの線が入ります。

 

そのため、見た目でもすぐに違いを判断することができるはずです。

 

肉割れができる原因はお腹の中の胎児が大きくなるにつれお腹のサイズもドンドンと大きさを増していきます。そのため、皮膚が大きくなる変化についていくことができない為、切れてしまい、無数の線が入ってしまうのが原因です。

 

正中線と肉割れは原因も違ければケアも違います。。
どちらなのかを見極め、産後に適切なケアをしていきましょう。

 

 

正中線ができる原因はホルモンバランスの変化

正中線はメラニンの色素沈着が原因
おへその辺りに正中線ができる原因はホルモンバランスの変化です。

 

妊娠をすることで女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が乱れてしまうことになります。そのため、メラニン色素が蓄積されやすい状態へと変わっていきます。
ホルモンバランスの変化によって肌をキレイにする働きが低下してしまうので、メラニンが過剰に分泌されやすいだけでなく、外に排出がしづらくなってしまうのですね。

 

普段は目に見えていないですが、もともと正中線は誰にでもあります。
ただ、妊娠することによって目立ちやすくなってしまうのですね。

 

人によって妊娠中にできることもあれば、産後にできることもあります。

 

別名でお腹の黒ずみ!メラニンの色素沈着が原因

 

正中線は別名でお腹の黒ずみとも呼ばれます。

 

肌を刺激から守る働きがある物質がメラニンです。このメラニンは外からの刺激を与えることによって、皮膚を守る為に角質層内で作られ分泌がされます。

 

その分泌したメラニンが皮膚に付着して色素沈着をすることで、お腹の色を黒くしてしまうのですね。
そのため、妊娠線と同時期に発生することが多いですが、原因は全く別となっているのですね。

 

当然のことながらケアに必要となるのも違い、美白をすることが大事となります。
正中線がケアをしているのに消えないって人もいますが、間違って妊娠線クリームを使っている人もいます。

 

正中線の原因は黒ずみなので、それに対応したクリームなどでケアをすることが必要です。

 

市販の正中線クリームランキング!正中線を消すクリームのおすすめは?

 

正中線ケアに大事な3つのポイント!黒ずみクリームで美白する

正中線のケアは美白する黒ずみ対策

 

正中線ケアをするのに大事なのは以下の3つです。

 

  1. メラニンの生成を抑制する
  2. 肌の保湿しバリア機能を高める
  3. ホルモンバランスを整える

 

正中線の原因はホルモンバランスの変化ではありますが、メラニンを分泌させる原因は肌への刺激です。刺激を与えることによって、角質層の奥にあるメラノサイトと呼ばれる細胞によってメラニンが生成されます。

 

ホルモンバランスが乱れて乾燥した状態に生成されたメラニン色素がお腹の皮膚細胞に付着することによって色が黒くなっているのですね。

 

そのため、産後の正中線ケアには保湿、メラニンの抑制が配合されたクリームを使うのが効果的となります。

 

メラニンの生成を抑制するケア

 

メラニンの生成を抑制するために必用なのが美白成分です。
美白成分をメラニンの発生源であるメラノサイトまで浸透させることによって、メラニンが作りだされるのを防ぐことができます。
美白クリームを使って正中線のある箇所に美白成分を浸透させるようにしましょう。

 

肌を保湿しバリア機能を高めるケア

 

メラニンが作られる原因は肌への刺激です。
ホルモンバランスが乱れたことによって肌は乾燥がしやすいく、バリア機能と呼ばれる働きが低下します。
このバリア機能は肌へ与えられる刺激を和らげる働きがあるため、保湿して正常に働かせることが大事となります。

 

正中線にクリームを使ったケアの仕方

 

正中線を消す為に行うのは保湿成分と美白成分の2つが配合されたクリームによってケアをすることです。

 

ケアの仕方としては毎朝とお風呂上りの2回塗るようにします。
正中線が入っている部分を中心に丸くやさしくマッサージするようにして塗りこんでいきます。

 

クリームの中に配合がされている美白成分と保湿成分によって、メラニンの生成を抑え、バリア機能を高めることができれば自然と消すことができるようになります。
出産後に数ヶ月たてば正中線はだんだんと薄くなってきます。
しかし、全くケアをしていないと消えるのが遅いだけではなく、跡が多少残ってしまうこともあるので、きちんとクリームを使ってケアをしましょう。

 

正中線が消えない人はケアしていないか出来ていない!

 

正中線使うのは黒ずみ用の美白クリーム

3種類の正中線に使えるクリーム

 

正中線用に作られた専用のクリームはほとんどありません。そのため、薬局やドラッグストアでも販売がされていないはずです。
せいぜい、ボディクリームを紹介される程度だと思います。

 

しかし、肉割れであればボディクリームで保湿することは間違いではありませんが、正中線だとメラニンの生成を抑制しなければいけないので効果が弱くなってしまいます。
そのため、正中線を消す為のクリームとしては黒ずみ用の美白クリームとなります。

 

からだに刺激を与えることによってメラニンが作られ分泌がされます。
妊娠や産後に関係なくメラニンが分泌され、正中線のように肌は黒くなってしまうのですね。

 

特に脇はカミソリで剃ったことによって黒ずみができやすく様々な黒ずみ用のクリームが販売されています。

 

黒ずみは妊娠が原因ではありませんが、正中線と根本的な原因は全く同じなので効果的なクリームとなります。
正中線ケアには黒ずみを美白するクリームを使うようにしましょう。

 

産後のお腹の皮のたるみもクリームで改善できる

 

正中線を消す方法を探しているってことは出産を経験したはずです。
出産をすることによってお腹が急激に膨らむのでお腹の皮がたるんだ状態になっているのではないでしょうか!?

 

このお腹のたるみを改善する為に必用なケアが保湿をすることです。
保湿をすることによって皮膚が引き締まるのでたるんだお腹を元に戻す働きをサポートしてくれます。

 

先ほども紹介したように正中線を消す為に必用なのは美白成分と保湿成分です。
そのため、黒ずみを美白するクリームには保湿成分が配合されているので、正中線のケアとお腹の皮のたるみケアの両方を一度に行うことができます。