産後の正中線ケア

正中線に使われるバイオイルの概要

バイオイル

 

正中線のケアとして薬局やドラッグストアでクリームを探している人で使うことがあるのがバイオイルです。
バイオイルとは小林製薬より販売がされている化粧品で、世界の124か国で販売がされており、日本でも非常に知名度があります。

 

大抵の薬局へ行けば必ずと言って良いほど販売がされており、ドラッグストアのマツキヨ(マツモトキヨシ)などでも購入ができます。

 

4種類の容量が販売されていますが、どれも1,000円ほどで購入することができ、安いスキンケア化粧品として知られています。

 

この記事ではバイオイルの効果からはじまり、本当に正中線へ効き目があるのかについて解説をしています。これから使用を考えている人やすでにバイオイルを使っていて正中線が消えないって人はご覧頂ければと思います。

 

人気の正中線用のクリームなどについては下記の記事でも解説しています。
市販の正中線クリームランキング!正中線を消すクリームのおすすめは?

 

バイオイルの効果は保湿!傷跡・ニキビ跡・妊娠線に潤いを与える

バイオイルの効果についての解説
正中線の効果は一言でいえば保湿です。

 

傷跡・ニキビ跡・妊娠線・乾燥による小じわなど向けに使える化粧品で、保湿をすることで柔軟にしてキレイに見せる効果が期待できます。

 

肌を保湿することによって潤いが与えられ、肌機能であるバリア機能・ターンオーバーなどの改善だけでなく、肌の弾力などの美容に対する効き目があります。

 

ただ、ここで勘違いをしてはいけないのが正中線は妊娠線とは原因が異なる点です。

 

正中線にバイオイルを使用している人はこの点を理解できていない可能性があります。スキンケアの基本は保湿なので全く効き目がない訳ではありませんが、正しいケアとは言えないです。

 

正中線へバイオイルの効果はある?

 

正中線へバイオイルの効果としては先ほども解説したようにありはします。
しかし、重要となる美白の部分が抜けているので、他の化粧品を使うのと何ら変わりはありません。

 

正中線は別名でお腹の黒ずみと呼ばれ、メラニンが色素沈着をしたことによって、引き起ります。妊娠中や産後のホルモンバランスの乱れなどが原因とはなるものの、根本的な要因はシミなどと同じです。

 

メラニンは色素を持っているので肌に付着をすることで、お腹が黒く見えてしまう症状なのですね。
そのため、必要となるのは美白成分です。

 

実際に小林製薬のバイオイルの公式サイトにも「妊娠線とはケロイドや色素沈着のある肌ではなく」と明記がされています。

 

妊娠線とは違い、正中線へバイオイルの効果は保湿しか期待できないので、おすすめすることができないです。
きちんと美白成分が含まれた医薬部外品のクリームを使いましょう。

 

正中線の原因は色素沈着!なぜ効果がないのか詳しく解説

 

なぜバイオイルだと効果がないのかもう少し詳しく解説をします。

 

そもそもの正中線の原因とはホルモンバランスの乱れなどによって、肌が乾燥をした状態での刺激でメラニンが色素沈着をすることです。妊娠中や産後は女性ホルモンが乱れるだけでなく、運動不足などの生活習慣の面でも悪材料が重なります。

 

そのため、肌が乾燥をしやすくバリア機能が低下をしやすいです。

 

保湿剤の膜によって肌は刺激から守られていますが、このバリア機能が低下することで、刺激が伝わりやすくなってしまいます。そのため、角質層内にあるメラノサイトと呼ばれる細胞が皮膚を守る為にメラニンを生成します。

 

その生成されたメラニンが肌に付着をすることで色素沈着を引き起こしてしまうのですね。
妊娠線が皮膚が断裂したことが原因なのに比べ、正中線は黒ずみが原因となっているのです。

 

そのため、保湿だけではなく美白をすることが非常に重要となっています。
バイオイルだと美白成分が含まれていないので効果が期待できないのですね。

 

正中線を消したいなら正しいケアが必要

 

バイオイルを正中線に使用しようと考えた人はまだ調べ始めたばかりの人やネットの情報に騙されてしまっている人もいます。確かに保湿効果があるので全く効き目が無い訳ではありません。

 

しかし、バイオイルには正中線ケアに欠かせない美白成分が含まれていないのですね。

 

あなたがこれから正中線のケアをしようと考えていたり、消えないって人であれば下記の記事をご覧ください。失敗をせずにきちんとしたケアができるようになるはずです。

 

正中線が消えない人はケアしていないか出来ていない!