正中線が消えない

正中線が消えないの人の特徴

正中線の女性の医者

 

妊娠をすることによってホルモンバランスが崩れできるのが正中線です。
おへその部分から縦に1本線がはいってしまうので非常に目立ちます。

 

この正中線は産後にできることから妊娠線と原因が同じと勘違いをしてしまうことも多いです。
しかし、実際の所は2つの症状は全く異なるので間違った方法でケアをしている人はたくさんいます。

 

ネットなどの情報を見ても正中線の原因については正しく紹介しているのに、なぜか肉割れクリームを紹介している情報も多くみられます。

 

正中線ができる原因はホルモンバランスが崩れ、メラニンが色素沈着をしやすくなる為です。別名でお腹の黒ずみとも呼ばれ、妊娠線や肉割れとは違います。そのため、出産をすれば女性ホルモンの分泌量も正常に近づいてくるのでだんだんと薄くなることもあります。
ただ、多くの人が勘違いをしているのが何もケアをしなくても消えるってことです。
妊娠が原因ではなく色素沈着が原因となるので肌トラブルとなるので必ずしも消える訳ではありません。

 

ここでは正中線の原因とは何なのかの詳しい原因からケアの仕方まで詳しく解説していきます。産後に正中線ができてしまった人や消えないから消したいって人はご覧ください。

 

人気のクリームだけ知りたいって人は下記をご覧ください。
正中線クリームランキング!おすすめのお腹の黒ずみクリーム

 

正中線の原因はメラニンの色素沈着!お腹にメラニンが付着したのが原因

正中線の原因を解説

 

まずは正中線が消えないなんてことにならない為には正しい原因を理解することが必要となります。

 

正中線とはおへその辺りから上下に黒い線が入ってしまう肌トラブルの症状のことを言います。
妊娠中から産後にかけて発症をすることが多いですが、妊婦でなくても男性でも悩まされることがあります。

 

それは赤ちゃんができて妊娠をすることが根本的な原因ではないからです。

 

妊娠をするとホルモンバランスが崩れるだけでなく、運動不足や乾燥などによって、肌に悪影響を与える要素が重なります。そのため、刺激などによって角質層にあるメラノサイトでメラニンが生成されるようになります。

 

このメラニンは色素を持っている為、生成されたのが皮膚に付着することで色を黒くする黒ずみができあがります。
この黒ずみが正中線に沿って出来上がるのが原因となっているのですね。

 

妊娠線はお腹が膨れて皮膚が避けることによってできるので全く別の症状となります。

 

正中線が消えない人で妊娠線ケアをしている!大事なのは美白ケアをすること

正中線が消えない理由

 

正中線が消えない人の特徴としては正しいケアができていないのがあげられます。

 

  1. 自然に消えると思っている
  2. 何もケアをしていない
  3. 間違って肉割れや妊娠線ケアをしている

 

出産をして時間がたてばホルモンバランスの乱れも戻り、だんだんと元の肌の状態に戻ります。そのため、ターンオーバーの周期で色素沈着をした古い皮膚である角質が排出されれば消えることもあります。

 

但し、全ての人に当てはまる訳ではなく、そのままうっすらと残ってしまう人はたくさんいます。

 

正中線を消したいのであれば、妊娠線が保湿なのとは違い、美白をすることが大事です。厳密にいえば保湿と美白の両方がケアに必要となります。

 

あなたが正中線が消えていないのであればケアをしていない。または妊娠線クリームなどを使っているのではないでしょうか?

 

正中線と妊娠線と肉割れの違い!

 

正中線と妊娠線はよく間違えられます。
原因としては両方とも妊娠をして、同時期に発症をすることが多いからです。

 

正中線がメラニンの色素沈着が原因ですが、妊娠線は皮膚が切れることです。

 

別名で肉割れとも呼ばれ、海外ではストレッチマークと呼ばれています。
肉割れは主に妊娠以外の原因で太ったり、筋トレをすることによって発症をしたのに呼ばれます。

 

ただ、妊娠線も肉割れも症状も原因も同じなので使うクリームも一緒です。
正中線だけが黒ずみなので違うのですね。

 

人気の肉割れクリームなどについては下記で実際に使った人の口コミが見られるので参考になるはずです。

 

肉割れクリームランキング【実際に使い比べ】口コミで評判のクリーム

 

正中線のケアは黒ずみクリームを使う!妊娠線がある人は同時にケアもできる

正中線のクリームについて

 

正中線は別名でお腹の黒ずみです。
しかし、黒ずみと言えば乳首やデリケートゾーンの色に悩んでいる女性が非常に多いです。

 

そのためか販売ページの多くが妊婦の正中線ケアのイメージでの紹介ではなく、乳首やデリケートゾーンの紹介がされています。しかし、実際は正中線に使うことができる美白クリームなので安心をして大丈夫です。

 

上記のことが原因で正中線のケアなのに妊娠線クリームを使ってしまう人があらわれてしまうのではないかと個人的には思っています。

 

しかし、よく販売ページなどを見ると全身に使うことができるのは明記がされていたりするので、正中線であるお腹の黒ずみを美白する為のものとなります。

 

また、妊娠線のケアもできるので、正中線と一緒に発症をしてしまった人はひとつでケアをすることもできます。

 

正中線クリームランキング!おすすめのお腹の黒ずみクリーム

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

TVや雑誌だけではなく、医学誌にも掲載がされたことがあるのがホワイトラグジュアリープレミアムです。

 

もともと乳首の黒ずみクリームとして人気がありました。ただ、全身に使うことができる低刺激の黒ずみクリームとなっているので、正中線への利用をする人も多いです。

 

妊娠をすると正中線だけでなく、乳首の色も黒くなることが多いので、産後の女性の人気も高いです。

 

但し、正中線へ使うのは問題ありませんが、授乳中の人はバストへの使用は厳禁となっているので、同時にケアをしないように気お付けてください。

 

3種類の浸透力の異なるビタミンが配合されており、角質層の手前から奥までそれぞれの成分が浸透するように作られています。そのためか効果があったと評判がよく、おすすめすることができます。

 

価格 9,980円
割引された最安値 5,980円
使える部位 正中線をはじめ全身の黒ずみ

 

妊娠訴求

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

 

様々なアンケートで1位を獲得しているのがハーバルラビットナチュラルゲルクリームです。

 

効果がすぐに実感できる商品・黒ずみケア部門・友人におすすめしたい・パッケージデザイン・利用し続けたいなど色々なアンケートで1位を獲得しています。

 

そのためか生産が追い付かず、購入ができない時もあるほどです。

 

低刺激となっているので、正中線だけでなく陰部などのデリケートゾーンの美白もできるクリームとなっています。そのため、産後の妊婦だけでなく、独身のモデルの方も使用をしています。

 

価格 7,000円
割引された最安値 4,750円
使える部位 正中線をはじめ全身の黒ずみ

 

緑

 

メイドバイマム

メイトバイマム

 

脇やひざなど全身に使えるクリームですが、販売ページが正中線のイメージが使われているので、わかりやすいのがメイドバイマムです。
黒ずみクリームの多くは正中線をはじめ、どれも全身に使えるようになっているのがほとんどです。しかし、乳首やデリケートゾーンに悩んでいる女性が非常に多い為、それらをイメージする説明がされている商品が多いです。

 

その点、メイドバイマムは正中線をイメージして説明がされているので、少しでも調べたことがある人はご存知の方も多いかと思います。
クレジットカード決済をすることで初回に限り500円割引などのキャンペーンも行われています。

 

価格 7,000円
割引された最安値 4,970円
使える部位 正中線をはじめ全身の黒ずみ

 

詳細はコチラ

 

正中線は必ず自然と消える訳ではない!消えない理由を解説

正中線は自然と消えるとは限らない

 

ママ用の雑誌やwebサイトを見ていると正中線は自然と消えるので気にしなくて良いと紹介されていることが多いです。

 

確かにだんだんと薄くはなってくるので消えることもあります。そのため、間違いではありません。
ただ、全ての人が何もケアをしなくても自然と消える訳ではありません。

 

そもそも黒くおへその辺りに正中線が見えるのはメラニン色素が色素沈着をしている為です。

 

出産をすることによってホルモンバランスが正常になれば肌機能が働きターンオーバーが行われます。そのため、色素沈着した古い皮膚が外に排出され、新しく皮膚が作られていきます。そのため、だんだんと消えるようになってきます。

 

しかし、人によって肌のケアがしっかりと出来ているかは異なってきます。そのため、正常にターンオーバーが行われなければ正中線は消えずに残ってしまうのですね。

 

正中線はシミと同じようにメラニンが肌に付着をしていることです。
自然と薄くはなりますが、必ずしも消える訳ではないのですね。

 

消したいのであれば美白をしメラニンの生成を押さえ、ターンオーバーを正常にする為にも保湿をする必用があります。

 

正中線ケアしているのに消えない人はどうすれば良い?

 

正中線ケアをしているのにも関わらず消えないって人も多いです。
その原因の多くは、肉割れや妊娠線と間違えてしまっているのでケアの方法が間違っている為です。

 

肉割れや妊娠線も妊娠するとできる肌トラブルですが、原因は胎児がいることによってお腹がふくらみ皮膚が切れてしまうことです。その切れたラインが肉割れとして縦のラインが沢山はいっている症状になります。

 

正中線は色素沈着なので似ているようで原因は全く異なってくるのですね。

 

肉割れクリームに配合されているのは保湿成分がほとんどです。ガタガタになってしまった肌を整えることによって消すことはできないですが、見た目上では薄くすることができるのですね。しかし、美白成分は配合されていないので美白を行うことができません。

 

正中線ケアに使われるクリームに関しては配合されているのは美白成分と保湿成分です。

 

専用のクリームも販売されていますが、基本的に黒ずみようのクリームを使うのが一般的です。脇や膝に黒ずみができる原因も同じくメラニン色素の沈着なので妊娠によるものなのか、その他の原因なのかの違いはあれどケアの方法は同じなのですね。

 

正中線クリームには美白成分と保湿成分の2つが配合されています。
美白成分によってメラニンの生成を抑制し、保湿成分によってターンオーバーを促す効果が期待できるのですね。

 

正中線が消えないのであれば正しいクリームを使ってケアをしていくようにしましょう。

 

正中線クリームランキング!おすすめのお腹の黒ずみクリームに戻る